中田英寿 日本代表:年代別日本代表

年代別日本代表
国籍以外の資格制限がない、いわゆるA代表(国際Aマッチの成立要件となる)のほかに、派遣対象となる試合が選手資格に制限を設けている場合などに、資格を満たす範囲で選手を選出しチームを編成する。このときは、日本代表という呼称の前に制限や派遣大会の名称等を関して、A代表との区別をする(ただし、正式にはA代表にも派遣大会名称を冠している)。

オリンピック日本代表 - バルセロナオリンピック以降、オリンピック(サッカー競技)の予選および本大会では、原則として23歳以下の選手に限るという制約が設けられた。このため予選期間にはU-23日本代表(前年に予選が行われる場合はU-22日本代表)と呼ばれることが多いが、本大会ではオーバーエイジ枠を含むことができるため、オリンピック日本代表という呼称が用いられる。詳細はオリンピックサッカー日本代表選手を参照。年齢に制限は無く、アマチュアのみに出場が許された1968年のメキシコシティ大会でオリンピック日本代表は銅メダルを獲得した。
ユニバーシアード日本代表 - 大学生のスポーツ大会であるユニバーシアード(サッカー競技)に派遣するため、選考範囲は原則として大学在学中の選手に限られる。ユニバーシアード日本代表は、1995年の福岡大会で初優勝、その後2001年北京大会、2003年大邱大会および2005年イズミル大会で3大会連続優勝を果たした。
U-21日本代表 - 出場資格が21歳以下であるツーロン国際トーナメントなどに派遣される日本代表を指す。また、アジア競技大会の出場資格はオリンピックと同じ23歳以下(オーバーエイジ可)であるが、同大会をその2年後のオリンピック日本代表の強化試合と位置付けて、あえて21歳以下の代表を編成する場合もある。
ユース日本代表 - FIFA U-20ワールドカップ、およびその予選を兼ねたAFCユース選手権に派遣される日本代表を指す。ワールドユースの出場資格が20歳以下であることからU-20日本代表とも呼ばれ、AFCユースはその前年に開催されることからU-19日本代表と呼ばれる。高校を卒業しJリーグクラブに加入したばかりの若手選手を中心に編成されるのが一般的だが、大学生やU-17世代が加わることもある。1999年のワールドユース選手権では、日本代表にとってFIFA主催の世界大会で初の準優勝という快挙を成し遂げた。
U-17日本代表 - FIFA U-17ワールドカップに派遣される日本代表。同大会の予選を兼ねたAFC U-17選手権は、実際には出場資格が16歳以下であるため、AFC U-17選手権に派遣される代表はU-16日本代表と呼ばれる。

中田英寿 日本代表:歴代監督の一覧

歴代監督の一覧

二宮洋一 1951年
竹腰重丸 1951年 - 1956年
高橋英辰 1957年
竹腰重丸 1958年 - 1959年
川本泰三 1958年
高橋英辰 1960年 - 1962年
長沼健 1962年 - 1969年
岡野俊一郎 1970年 - 1971年
長沼健 1972年 - 1976年
二宮寛 1976年 - 1978年
下村幸男 1979年 - 1980年
渡辺正 1980年
川淵三郎 1980年 - 1981年
森孝慈 1981年 - 1985年
石井義信 1986年 - 1987年
横山謙三 1988年 - 1991年
ハンス・オフト 1992年 - 1993年
パウロ・ロベルト・ファルカン 1994年
加茂周 1994年 - 1997年
岡田武史 1997年 - 1998年
フィリップ・トルシエ 1998年 - 2002年
ジーコ 2002年 - 2006年
2006年 -

中田英寿 日本代表:選手

選手
(#)は現役選手を表す。(注:代表引退ではなく、現役を引退していない選手)
期間は代表に招集された期間であり、末期が抜けている選手は現役の代表選手を表す。
*ランキングは2006年6月22日のドイツW杯最終戦(グループリーグ第三戦ブラジル戦)終了時のもの

キャップ
位 名前 キャップ数 期間
1 井原正巳 123 1988-1999
2 川口能活(#) 92 1997-
3 三浦知良(#) 91 1990-2000
4 都並敏史 78 1980-1995
5 中田英寿 77 1997-2006
6 三都主アレサンドロ(#) 75 2002-
7 柱谷哲二 72 1988-1995
8 宮本恒靖(#) 71 2000-
9 名波浩(#) 68 1995-2001
10 稲本潤一(#) 65 2000-
10 森島寛晃(#) 65 1995-2002

得点
位 名前 得点数 キャップ数 期間
1 三浦知良(#) 56 91 1990-2000
2 釜本邦茂 55 不明 1964-1977
3 高木琢也 28 45 1992-1997
4 原博実 24 56 1978-1988
5 中山雅史(#) 21 53 1990-2003
次点 高原直泰(#) 17 44 2000-
次点 柳沢敦(#) 17 58 1998-

*釜本はJFAによると75試合73得点の記録があるが、FIFAは認めていない。

中田英寿 日本代表:その他の大会の成績

その他の大会の成績
1936年 - ベルリンオリンピック ベスト8
1964年 - 東京オリンピック ベスト8
1968年 - メキシコシティオリンピック 銅メダル
2001年 - FIFAコンフェデレーションズカップ 韓国/日本大会 準優勝

中田英寿 日本代表:アジアカップの成績

アジアカップの成績
1956 - 不参加
1960 - 不参加
1964 - 不参加
1968 - 予選敗退
1972 - 不参加
1976 - 予選敗退
1980 - 不参加
1984 - 不参加
1988 - 1次ラウンド敗退註1
1992 - 優勝
1996 - ベスト8
2000 - 優勝
2004 - 優勝
註1 1988年大会は日本代表Bとして出場のため日本チームおよび選手の国際Aマッチ記録からは抹消

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。